NEWS & TOPICSお知らせ

ナノバブルの安定化と作用メカニズムを解明した研究成果が発表されました2021/04/28

お知らせ

東北大学 未来科学技術共同研究センター 高橋正好教授による研究成果が米国化学会誌Langmuirにオンラインで掲載されました。
(東北大学プレスリリース記事より抜粋)

http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2021/04/press20210428-02-nano.html
ナノバブルの安定化と作用メカニズムを解明 水と空気を利用した「人」と「環境」に優しい工学技術を確立

【発表のポイント】

〇 ナノバブル(極微小気泡)の安定化と作用メカニズムを世界に先駆けて解明しました

〇 ナノバブルは、農業や医療、感染症の予防など広範囲な応用が期待されます

〇 水と空気を利用した「人」と「環境」に優しい日本発の技術です

米国化学会誌Langmuir

https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.langmuir.1c00469



Contact

お仕事のご依頼/製品についてのお問い合わせはこちらから