greeting代表挨拶

Message代表よりご挨拶

弊社は、「いくら優れた技術でも実際に広く使われ、社会の役に立って初めて、本当に優れた技術といえる」をモットーとした研究開発型企業です。

衝撃的な「マイクロ・ナノバブル技術」との遭遇から約15年、これまで多くの方との出会い、様々な分野の研究者・専門家との交流がありました。

「ナノバブル技術」は、日本発の稀に見る素晴らしい技術ですが、技術の抱え込みがなされビジネス展開が鈍化し、このままでは、諸外国に追い越され兼ねないとの危機感がありました。「ナノバブル技術の活用で社会貢献したい」との思いで令和元年5月に誕生したのが株式会社ナノバブル研究所です。

そして、多くの方のご支援を頂き同年7月に川崎市が推進する「新川崎・創造のもり」に位置する「ナノ・マイクロ産学官共同研究施設(NANOBIC)」への入居審査に合格して本格的にスタートを切ることができました。

「NANOBICに行けば、新たな研究の発想が生まれる。問題解決が期待できる。」との声が聞こえ「NANOBICをナノバブル製品開発のメッカ(聖地)」にとの壮大な目標を掲げています。そのためには、オープンイノベーションにより、ナノバブルの限りない潜在的需要を少しでも多く顕在化させたいと思います。ナノバブル応用製品を広く普及させ、ナノバブル産業の拡大を図ることによって、地域の産業振興や人類世界全体のSDGs(持続可能な開発目標)に貢献したいと考えております。

令和元年9月吉日
株式会社 ナノバブル研究所
代表取締役 小森幹雄

Contact

お仕事のご依頼/製品についてのお問い合わせはこちらから