nano-aboutナノバブルとは

About nanoナノバブルとは

ナノバブルについてNanobubble Labalatory. Corp.

  • ナノバブルについて
  • ナノバブルについて

通常の気泡(ミリバブル)とは異なる性質を示す微細気泡「マイクロバブル」
(直径100μm)は、水と気体だけを原料とする汎用性・利便性の良さから、既に広く各分野で利用されています。

ところが、最近、水中での長期残存現象などユニークな特異性を示す超微細気泡「ナノバブル」
直径1μm以下発生装置の製造に成功する機関が現れたため、その可能性は更なる広がりを見せています。

微細気泡には国でも本格的な事業化可能性調査を行うなど大きな期待が寄せられています。

そこで弊社では、弊社独自の発想に基づく「ナノバブル発生装置」の研究開発を行うと共に、ナノバブルを利用した各分野への応用製品の開発を行います。

ナノバブルの主な特徴Nanobubble Labalatory. Corp.

ナノバブルの主な特徴

* 注釈)
平成24年、国際標準化を目指す経産省ではマイクロバブルの「マイクロ」を慣用。
単位 ミクロン」(μ;マイクロメートルとの紛らわしさと解消するために、「マイクロバブルとナノバブル」のことを総称して、
「ファインバブル」と名付け、ナノバブルを特定する場合は、「ウルトラファインバブル」としましたが、弊社では一般用語「ナノバブル」名を採用しています。

Contact

お仕事のご依頼/製品についてのお問い合わせはこちらから